ガスコンロのタイプを紹介します

ガスには都市ガスとプロパンガスがある為、ガスコンロを選ぶ際はガスの種類に合ったものを選ぶ必要があります。ガスコンロにもビルトインコンロとテーブルコンロの2タイプがあるので、それぞれのタイプを見比べて自分の家に合ったものを選びましょう。ビルトインコンロはキッチンに組み込まれており自分で設置することはできないので、新築やリフォームなどでキッチンを新しく設置する際などにおすすめです。組み込み式の為隙間がなく掃除が簡単な他、ホースも中に組み込まれているのでキッチン全体がスッキリした印象になるというメリットがあります。テーブルコンロは据置型で自分でも簡単に設置することができ、価格も安いので引っ越しが多い方などにもおすすめです。ガスの種類や設置環境をよく確認し、使い勝手やガスコンロの特徴なども見比べながら自分の家に合ったガスコンロを選びましょう。

ガスコンロを選ぶ際に気をつけることとは

ガスコンロを取り付ける際は、あらかじめ様々な注意点を確認しておく必要があります。まずビルトインコンロ、テーブルコンロどちらのタイプも燃えやすいものが近くにないか、壁の内側は燃えやすい構造になっていないかなどを確認しておきましょう。可燃性壁の場合は防熱板を購入し、設置環境を万全にする必要があります。ビルトインコンロの場合は天板のサイズが65cmと75cmがあり、テーブルコンロの場合は56cmと60cmのサイズが用意されているので使い勝手などをよく考えて選択しましょう。大バーナーが左右どちらに設定されているのかも確認が必要です。壁から離れているコンロの方が大バーナーになるものを選択しましょう。デザインや機能の他、ゴトク周りの素材も大切な注目ポイントです。傷や汚れが目立ちにくいホーローやスタイリッシュなステンレスなどがあるので、日頃のお手入れのしやすさなども考えながら選択しましょう。

デザインや機能が豊富なガスコンロ

ガスコンロを選ぶ際、デザインを重視するという方も多いのではないでしょうか。近年ではカラーも豊富になり、定番の黒の他にもシルバー、クリームベージュ、シャンパンホワイトなど色々なカラーが用意されています。天板の素材も重要です。ホーロー、フッ素コート、ガラスコート、ガラストップの4種類があり、一般的には掃除がしやすく手頃な価格のホーローやフッ素コートタイプの人気が高い傾向にあります。ガラスコートやガラストップの場合、価格は高くはなりますがスタイリッシュな見た目で、デザイン性を重視したいという方にはピッタリです。機能重視という方はグリルプレートで焼き魚の他、トーストや温めなどもできるガスコンロもあるのでチェックしてみましょう。タイマーも付いてグリルでクッキーを焼くこともできます。ガスコンロのデザインや機能が一覧になったサイトもあるので、色々なガスコンロを比較してみることをおすすめします。