不動産の管理会社の選び方
2017.07.26

かわいいマンション手にした不動産を管理するため、色々と動いていくわけですが…いざ管理をしてみると「無理がある」と感じてしまうときがあります。特に昨今、流行しているサラリーマンが片手間で、マンション経営、アパート経営をする場合、管理はかなり難しいと実感をします。それほど、賃貸の管理というものは難しいものです。そこで登場するのが、不動産の投資の管理をお手伝いしてくれる業者になります。具体的には賃貸の管理をしてくれる業者です。ここでは、この業者の選び方について触れていきます。
■一括見積もりサイトを利用してみる
ネットの凄さを改めて感じさせるのが、この一括見積もりサイトを利用するという選び方です。この一括見積もりサイトは、車査定を筆頭に、引っ越しだったり、不動産査定だったり、様々なジャンルで大活躍をしてくれているコンテンツです。そして、不動産査定の一括査定サイトがあれば、管理会社を探すサイトが存在しても何ら不思議なことはありません。ということで、とりあえずの「管理料金」を把握するためにも、一度、利用してみるとよいでしょう。当然、この一括見積もりサイトで紹介された業者以外を利用しても何ら問題はありません。兎にも角にも、1つの目安を知るためには、非常に便利な方法と言え、結果、これが選び方の土台になってくれるわけです。
■実際に面と向かって相見積もりをする
続いての選び方は「実際に面と向かって相見積もりをしていく」という方法になります。先程、紹介した一括見積もりサイトを利用するという方法は、あくまでも目安的な見積内容となります。つまり、精度が粗い見積書ということです。となれば、続いての一手は、精度の高い見積書を提出してもらうことになります。精度の高いものを求めるのであれば、こちらの要望なども、事細かく伝えたい部分もあるため、実際に逢って話をして見積してもらうことが当然の方法です。ただ、1社だけの見積もりであれば、足元を見られてしまう可能性もあるため、あて馬的な業者も用意して、相見積もりをしていくことが大切です。
■業者規模も1つの選択要素になる
業者規模は、その業者の体力を見極める1つの方法となります。何かトラブルに発展してしまったとき、経営不振に陥ってしまったとき、オーナーとしては「きっちりと家賃を入金してくれるのか?」という心配があります。業者規模が大きれば大きいほど、この手のリスクは必然的に小さくなっていくため、安心して利用することができるわけです。反面、融通が効かないときもあるというデメリットは持っていますが。ともあれ、業者規模も見て、取捨選択するのもよいでしょう。

▲ ページトップへ