不動産管理におけるトラブル
2017.07.26

きれいな一軒家不動産の投資して管理していく上で、どうしても発生してしまうトラブルというもの。せっかく資産を増やすために行い始めたにも関わらず、様々なストレスを感じてしまい「もう嫌だ」と感じてしまう人も多いです。残念ながら、この不動産の管理だったり、賃貸の管理を業者に依頼をしたとき、様々なトラブルというものが発生してしまいます。事前に知っておくことで、ある程度は防ぐこともできるかと。知っておけば、何かと対策を取ることもできるため、損はないでしょう。ということで、以下には不動産の管理で発生してしまったトラブルを少し紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。
■管理会社自体が経営不振に陥り家賃送金がない
管理会社は、家賃収入の数%を報酬として利益を上げることになります。では、どのようにして、その報酬を受け取るのか?実は、管理会社の1つの仕事として、家賃を回収しオーナーへ振り込むというものがあります。その過程で、その報酬を差し引いて入金をするというわけです。
さて、これを踏まえ、見出しを読み直してみると…言わんとするトラブルが察することできるかと。実は多いトラブルで、管理会社が家賃を回収し、その後、オーナーへ入金してくれないという信じられない状況が発生してしまっています。何処の業界でもそうですが…厳しい現実を突きつけられてしまう業者は存在します。そういった業者を選んでしまったのが運の尽きといったところでしょうか。残念な話ではありますが、このような信じられないトラブルが発生してしまうこともあることは念頭に置いておきましょう。
■賃貸の管理を依頼した業者が勝手に高額の修繕を実施
通常、賃貸物件の修繕を行う場合、業者が見積もりなどを取って、オーナーに対して「修繕しても問題ありませんか?」とお伺いを立てることになります。このトラブルは、一切、このような相談をせず、しかもかなり高い額の金額で修繕を行ってしまったというもの。業者側は、ある種の談合をしており、料金を高めに設定しておき、差分を大きな利益にしようとしたケースです。まさに犯罪となるため、大きなトラブルに発展をしてしまった事例です。
■賃貸の管理業者が勝手に礼金を設定し徴収していた
先程の「勝手に話を進める」という件と似ていますが…勝手に「礼金を設定していた」というものです。礼金というものは、オーナーに対して入居者が「貸してくれてありがとう」という意味を込めてお金を支払うシステム。これを悪用して、業者が勝手に徴収をしていたケースになります。よくあるトラブルの1つになるため、オーナーとしては勝手に事を進めないように目を見張らせておきたいところです。

▲ ページトップへ