不動産を管理するために必要な資格
2017.07.26

白い家不動産を管理していくためには、とある資格が必要となってきます。今回は、その資格についてのお話になります。「賃貸の管理を横浜という地域で行う!」となったとしても、地域差があるものではありません。つまり、どこでも賃貸の管理をするのであれば、必須の資格というわけです。意外と知られていない部分となるため、ぜひここで知識を身に付けていきましょう。これを踏まえて「資格を取るのか?」「業者に依頼をするのか?」を決めていくとよいでしょう。では、早速、本題に入っていきましょう。
■賃貸不動産経営管理士という資格が必要になる
見出しに記載した通り、不動産を管理するためには「賃貸不動産経営管理士」という資格が必要になってきます。言葉尻だけを捉えると、何だか難しそうなイメージを抱いてしまいますが…実際のところはどうなのか?結論から言えば、専門知識を必要とすることになるため、決して簡単なものではないとは言えます。ただし、身構えるほどのものではなく、一般レベルで、勉強をしっかりとすれば、何ら問題なく得ることができる資格になります。所持している不動産で賃貸業務をしていく形で、かつ自主管理をするのであれば、必須の資格になるため、ここは理解しておきたいところ。役割や目的は、後ほど詳細を記載するため、そちらを参考にしてみてください。ともあれ、非常に勉強になる資格でもあるため、自主管理をするつもりがない人でも、所持しておく価値はあると考えます。
■賃貸の管理業務は誰彼なくできるわけではない
自動車は、誰でも彼でも運転をすることできるわけではありません。交通ルールを知らない人が、自動車を運転してしまえば、大惨事になってしまうことは火を見るより明らかです。ここまで極端な話ではありませんが、賃貸管理も同様のことが言えます。何も知らない人が、管理をしてしまえば、ルールを無視して、様々なトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。結果、このような資格を用意して、安全にかつ健全に運営をしてもらおうとしているわけです。
■賃貸不動産経営管理士の役割や目的について
具体的な役割は、単純に「円滑に賃貸不動産管理をする」というものになります。入居者に対して、どのような注意事項や守らないといけないことがあるのか?オーナーとして、建物を建てるさいのルールだったり、建てた後のルールなど、これを守っていくことが役割になります。ともあれ、不動産賃貸に関しての基礎的な知識を身に付けることができるため、自主管理をしなくてもぜひとも取得しておきたい資格です。

▲ ページトップへ